メイプロインダリトリーズ株式会社
ENGLISH
HOME 取扱製品 ニュース 取扱製品掲載誌 会社案内 お問い合わせ
 
  素材の特徴
  臨床試験と機能について
  製造メーカ情報
  取扱製品一覧へ戻る
L-カルニチン

素材の特徴

  L-カルニチンとは?(L-カルニチンフマル酸塩)
 

L−カルニチンはリジンとアミノ酸から人の肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチド といわれる栄養素です。脂肪の燃焼は、筋肉細胞内のミトコンドリヤで起こりますが、脂肪酸はL−カルチニンの助けを得なければミトコンドリアに到達できません。L−カルニチンはその脂肪酸をミトコンドリアに連れて行く役目をします。L−カルニチンを摂取することにより脂肪酸の燃焼を促し、脂肪消費量を増やす効果があると言われてます。L―カルニチンは、そのままでは、極めて高い吸湿あるため、フマール酸塩にすることにより、非吸湿性にしています。


  商品規格
 

Appearance

White crystallinepowder

Assay

L-carnitine

Fumaric acid

 

56.5-60.5%

40.5-42.5%

PH

3.0-4.0

Arsenic

1ppm max

Specific rotation

-16.5℃〜-18.5℃.

Water content

1.0 max

Heavy metals

10ppm max

Residue on ignition

0.5% max

Loss on drying

1.0% max

Color and clarity of solution

Clear and colorless


  包蔵形態
 
梱包サイズ:25kg ドラム
最低LOT: 25kgより





Copyright