Metabromine

メタブロミンは、中南米の大自然が育んだテオブロマカカオの果実から天然素材です。有効成分はテブオロミン6%、カフェイン1.5%を規格したダイエット素材です。

メタブロミンの歴史

テオブラマカカオ (Theo=神の、Brama=食べ物)は、神の食べ物という意味を持ち、古代インカ帝国時代から非常に重宝されてきました。
テオブロミンは外皮、殻や種などをカカオ果実の様々な部位は、その有効成分の効果から中南米を中心に世界各国から幅広く使用されてきました。
カカオの主要な要素であるテオブロミンは、すでに多くの人々の間でチョコレートとして食されています。

メタブロミンの効果

メタブロミンには一般的にカカオ果実から得られるテオブロミン及びカフェインを含んでおり、両自律神経系を調節する作用があり、持続性が高く、神経をリラックスさせるのに有効だと考えられております。
また、強心作用、覚醒作用をはじめ、利尿作用、毛細血管の拡張作用があるとされます。
テオブロミンは癒しホルモン(セロトニン)を無駄なく誘発する作用により、自律神経の負担を軽減し、心を安定させる他、中枢神経や循環器系を過剰な働きを抑える様に規格化した素材です。

安全性について

ハツカネズミを対象に人間換算として1日あたり600mg、1200mg、1800mgの3グループに分け、30日間メタブロミンを摂取。
結果、メタブロミンを摂取したハツカネズミのほうがプラセボ群と比較して約6%体重増加に違いが生じた。死亡や副作用を起こしたものがないことから安全性も立証。

備考
推奨摂取量;500mg
海外では多数のウエイトロス商品への採用実績有り

ページ先頭へ戻る