AstraGin

アストラジンは、キバナオウギとデンシチニンジンを1:1の比率で配合した植物由来の原料です。アミノ酸やビタミンなどの栄養素の吸収率を向上させます。

主な効果

・アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの吸収向上。
・ロイシン:58%、アルギニン:67%、シトルリン:45%、クレアチン:33%、葉酸:50%
・mRNA 、CAT1の向上。
・腸管の修復。
・ATPの合成促進。
・筋肉細胞中のグリコーゲン合成を促進。
・インスリン感受性の調節

アストラジンの作用機序

アストラジンは、栄養素の吸収に関わるmRNAやトランスポーターの働きを高めて小腸での栄養の吸収率を向上させる。

データ

アストラジンはロイシンの吸収率を58%上昇させる。

備考
推奨摂取量;50mg~150mg
世界で200以上の最終商品への採用実績
In vitro12件、In vivo8件のデータ有り
アメリカ、台湾、中国で特許取得

ページ先頭へ戻る